『投資信託がよくわかるブログ - おすすめと利回りの解説をします』のサイトでは投資信託とランキングというトピックを説明しています。

気になる投資信託の分配金について

投資信託の配当は分配金と呼びます。

投資信託は、債券などに投資し、運用して得た収益などを、投資家の保有口数に応じて分配します。

そもそも投資信託とは?何なのか、分からない場合はまず左記の投資信託サイトの参照をおすすめします。

分配金としてどの程度分配するかは、あらかじめ決められている投資方針に従って決定します。

これは運用会社が決めることですが、その程度というのも運用成果に応じて変わるものです。

二つのタイプの分配金の受け取り方があります。

支払われた分配金をそのまま受け取る「分配金受取型」というのもありますし、投資信託の種類によっては「分配金再投資型」というのがあります。

分配金再投資型の場合は、自動的に同じ投資信託に支払われた分配金を再投資します。

この二つのコースに分かれているケースが多いです。

分配金は同じように分配されますが、分配金受取型であるか、分配金再投資型であるかによって分配の方法が変わってきます。

販売会社によってはどちらかを選択できるようにしています。

分配金受取型と分配金再投資型のどちらを選ぶかは投資家次第です。

申し込んだのが分配金再投資コースである場合は、分配金から税金などを差し引かれて、決算日の基準価格で再投資されることになります。

販売手数料がかからないというメリットもあるので、申し込みを分配金再投資コースでされる方もいます。

これ以外に無分配型の投資信託というのもあります。

分配の時期についてですが、毎月1回、または3ヶ月、四半期に一度支払われるなど、分配金型の場合はまちまちということがあります。

これは各投資信託の取り決めによります。

無分配型は最初から契約期間が3年と設定されていたりして、追加ができない(単位型・クローズ型)ものが多いです。

比較的短期間に償還があるのが無分配型です。

無分配型の場合、株式の保有によって得る配当や利息、売買の結果の利益は、基準価額の中にすべて含まれ、償還時に支払うものになることが多いです。





«

知っておきたい、最適な資産分散