『投資信託がよくわかるブログ - おすすめと利回りの解説をします』のサイトでは投資信託とランキングというトピックを説明しています。

知っておきたい、最適な資産分散

投資金額を変えたりすると投資信託のリスクを軽減できます。

投資のタイミングを変えるというのも有効です。

投資対象を複数に分散することによって、リスクを分散させているということですね。それぞれが関連性のない、様々な種類の分野に投資すれば、安定度は増します。

このように分散を促進させることはとても大事ですので、できるだけ複数の投資を行いましょう。不動産や商品先物、株、それ以外にも為替やデリバティブなどに分散して、できる限りの安定を努めましょう。より好ましいと言えるのは、長期投資をすることで安定度を高ることです。

また、その他の投資方法としてドルコスト平均法というのもあります。

ドルコスト平均法は、一定金額を定額で投資し続ける方法です。

これは時期をずらしながらリスクを減らすやり方です。

全額投資をせずに、何回か分けて投資をすることでリスクの軽減になります。

ドルコスト平均法は、ある金融商品に対して、定期的に定額で継続して購入していくということです。

平均の購入コストも、継続購入によって中長期的に見ると引き下げられます。

あるインデックスに投資をする場合に計10回買うとして、100万円を一度に全額購入せずに、1ヶ月に一度ずつ10万円で買うとします。

最初に購入した時よりインデックス価格が高くなった場合は購入口数が減りますし、インデックスの価格が下がれば、その分口数を上乗せして購入することもできますので、分散しながら全体的に効率の良い買い方になるということですね。ですので、結果的には定額で買い続けるほうがいいということになります。

価格変動のリスクに対して、平均単価を引き下げる効果があるのが、このように分散して投資をするということです。

その中で指数が上下していることが、必ずしも効果を発揮するわけではありません。前提として、下降トレンドの場合は、あくまで上昇トレンドの過程にあるということです。





« - »

長期保有はなぜ有効なのか 気になる投資信託の分配金について