『投資信託がよくわかるブログ - おすすめと利回りの解説をします』のサイトでは投資信託とランキングというトピックを説明しています。

長期保有はなぜ有効なのか

長期で運用する最大のメリットというのは、最大限に複利の力を発揮できるという点です。

長い期間投資を続けていると、途中に発生する利子や分配金などを再投資することができますし、利子や分配金にも利息をつけることができるためです。

このように長期投資は、取り込むことができる、最大限の複利の効果があります。

5年10年と長く持ち続けていると、値動きの幅が縮まってくることが投資信託にはあると知られています。

値動きの幅が縮まるということは、安定した運用が行われるということです。

ですので、長期で保有したほうがリスク管理が行いやすいといえるかと思います。

解約時ですとか、購入時にかかってくる手数料の負担を軽減する効果も、長期に投資信託を有するメリットの一つとしてあげることができます。

3%が投資信託の購入手数料だったとしましょう。運用期間がわずか1年だとせっかく出た収益に与えるマイナスの影響が3%ですが、運用期間が3年だと3年平均とみなされ1%となります。

このように長期で保有すれば、マイナスの影響を縮小していくことができます。

ただ保有している間は、信託報酬という形でずっと金融機関に対して費用が差し引かれています。





« - »

金融商品の種類を紹介 知っておきたい、最適な資産分散