『投資信託がよくわかるブログ - おすすめと利回りの解説をします』のサイトでは投資信託とランキングというトピックを説明しています。

金融商品の種類を紹介

金融商品の種類を分けてみると、完本保証と元本保証でないものとがあります。

元本保証のものから言うとMMFがありますし、MEF預金(金利)があります。

また、個人向け国債、個人向け社債、日本国債などは完本保証であるものとしてあげられます。

為替の変動を受けるタイプとしては、外貨預金為替(FX)、外貨MMFがあります。

これは元本保証はありません。あと、地金、金貨、金ETF、株式、デリバティブというのも元本保証はありません。同様に投資信託も損失をかぶる場合があります。

元本保証もありません。デリバティブや、株式、金、ETFと同じです。

流動性、収益性、安全性というのが、金融商品を選択するポイントとして非常に重要になります。

換金や売買がしやすいかというのを流動性といいます。

必要に応じて売買や換金ができる金融商品ほど流動性が高い商品といえます。

流動性に優れてるとものとして例をあげると、普通預金の方が定期預金よりもいいです。

安全性というのは元本保証があるかどうかです。

それから、金融商品を選ぶ際にも、収益性というのは非常に重要になります。

収益が高いものほど安全性が低くなります。

ハイリターンが見込める商品ほどハイリスクになるからです。

証券会社、保険会社、郵便局などでも投資信託は購入できます。

他の金融商品と違って、銀行以外でも購入できるのですね。また特徴としてはかなり少額から買えるものが多いです。

投資信託ならではですが、一万円からでも購入が可能です。





« - »

もっと詳しく知りたい・・・、運用成績の見かた 長期保有はなぜ有効なのか