『投資信託がよくわかるブログ - おすすめと利回りの解説をします』のサイトでは投資信託とランキングというトピックを説明しています。

もっと詳しく知りたい・・・、運用成績の見かた

投資信託の運用成績はどのように見ていけばよいでしょうか。まず、確認する時は運用報告書をみます。

みるときも、市場の平均に比べた時にどれくらいの利益が出たかという点をみていくことになります。

ベンチマークと呼ばれるのどのくらいの利益が出たかということの基準値を市場平均に比べて見ていくものです。

ベンチマークはそれぞれの投資信託が、市場や有価証券の種類などによって、投資対象をどのようにするかというのは異なります。

ベンチマークとして多く利用されているのは、例えば国内の上場株式を投資対象とする場合、日経平均株価やTOPIXなどがあります。

海外株式の投資対象の場合に使われる各種インデックスには、各国の代表的な株価指数やMSCIがあります。

投資信託の運用成績を判断するうえで、重要なことは基準価額の推移だけを見るのではなくて、ベンチマークに対してどのような基準価額が推移しているのかということを見なくてはなりません。ヘッジファンドなど、アクティブ運用を標榜している会社のファンドマネージャーは、市場平均=ベンチマークを上回る成績を出すことを求められています。

これは運用会社によって異なります。

ベンチマークに何を持ってくるかというのは運用会社が考えることです。

運用報告書や目論見書でどの指数をベンチマークとするかは確認できます。

中にはベンチマークという形ではなくて、参考指数として設定している会社もあります。

ベンチマークを確認する時は、最低でも2、3年分の成績を基準としながら考えましょう。



»

金融商品の種類を紹介