『投資信託がよくわかるブログ - おすすめと利回りの解説をします』のサイトでは投資信託とランキングというトピックを説明しています。

気になる投資信託の分配金について

投資信託の配当は分配金と呼びます。

投資信託は、債券などに投資し、運用して得た収益などを、投資家の保有口数に応じて分配します。

そもそも投資信託とは?何なのか、分からない場合はまず左記の投資信託サイトの参照をおすすめします。

分配金としてどの程度分配するかは、あらかじめ決められている投資方針に従って決定します。

これは運用会社が決めることですが、その程度というのも運用成果に応じて変わるものです。

二つのタイプの分配金の受け取り方があります。

支払われた分配金をそのまま受け取る「分配金受取型」というのもありますし、投資信託の種類によっては「分配金再投資型」というのがあります。

分配金再投資型の場合は、自動的に同じ投資信託に支払われた分配金を再投資します。

この二つのコースに分かれているケースが多いです。

分配金は同じように分配されますが、分配金受取型であるか、分配金再投資型であるかによって分配の方法が変わってきます。

販売会社によってはどちらかを選択できるようにしています。

分配金受取型と分配金再投資型のどちらを選ぶかは投資家次第です。

申し込んだのが分配金再投資コースである場合は、分配金から税金などを差し引かれて、決算日の基準価格で再投資されることになります。

販売手数料がかからないというメリットもあるので、申し込みを分配金再投資コースでされる方もいます。

これ以外に無分配型の投資信託というのもあります。

分配の時期についてですが、毎月1回、または3ヶ月、四半期に一度支払われるなど、分配金型の場合はまちまちということがあります。

これは各投資信託の取り決めによります。

無分配型は最初から契約期間が3年と設定されていたりして、追加ができない(単位型・クローズ型)ものが多いです。

比較的短期間に償還があるのが無分配型です。

無分配型の場合、株式の保有によって得る配当や利息、売買の結果の利益は、基準価額の中にすべて含まれ、償還時に支払うものになることが多いです。





知っておきたい、最適な資産分散

投資金額を変えたりすると投資信託のリスクを軽減できます。

投資のタイミングを変えるというのも有効です。

投資対象を複数に分散することによって、リスクを分散させているということですね。それぞれが関連性のない、様々な種類の分野に投資すれば、安定度は増します。

このように分散を促進させることはとても大事ですので、できるだけ複数の投資を行いましょう。不動産や商品先物、株、それ以外にも為替やデリバティブなどに分散して、できる限りの安定を努めましょう。より好ましいと言えるのは、長期投資をすることで安定度を高ることです。

また、その他の投資方法としてドルコスト平均法というのもあります。

ドルコスト平均法は、一定金額を定額で投資し続ける方法です。

これは時期をずらしながらリスクを減らすやり方です。

全額投資をせずに、何回か分けて投資をすることでリスクの軽減になります。

ドルコスト平均法は、ある金融商品に対して、定期的に定額で継続して購入していくということです。

平均の購入コストも、継続購入によって中長期的に見ると引き下げられます。

あるインデックスに投資をする場合に計10回買うとして、100万円を一度に全額購入せずに、1ヶ月に一度ずつ10万円で買うとします。

最初に購入した時よりインデックス価格が高くなった場合は購入口数が減りますし、インデックスの価格が下がれば、その分口数を上乗せして購入することもできますので、分散しながら全体的に効率の良い買い方になるということですね。ですので、結果的には定額で買い続けるほうがいいということになります。

価格変動のリスクに対して、平均単価を引き下げる効果があるのが、このように分散して投資をするということです。

その中で指数が上下していることが、必ずしも効果を発揮するわけではありません。前提として、下降トレンドの場合は、あくまで上昇トレンドの過程にあるということです。





長期保有はなぜ有効なのか

長期で運用する最大のメリットというのは、最大限に複利の力を発揮できるという点です。

長い期間投資を続けていると、途中に発生する利子や分配金などを再投資することができますし、利子や分配金にも利息をつけることができるためです。

このように長期投資は、取り込むことができる、最大限の複利の効果があります。

5年10年と長く持ち続けていると、値動きの幅が縮まってくることが投資信託にはあると知られています。

値動きの幅が縮まるということは、安定した運用が行われるということです。

ですので、長期で保有したほうがリスク管理が行いやすいといえるかと思います。

解約時ですとか、購入時にかかってくる手数料の負担を軽減する効果も、長期に投資信託を有するメリットの一つとしてあげることができます。

3%が投資信託の購入手数料だったとしましょう。運用期間がわずか1年だとせっかく出た収益に与えるマイナスの影響が3%ですが、運用期間が3年だと3年平均とみなされ1%となります。

このように長期で保有すれば、マイナスの影響を縮小していくことができます。

ただ保有している間は、信託報酬という形でずっと金融機関に対して費用が差し引かれています。





金融商品の種類を紹介

金融商品の種類を分けてみると、完本保証と元本保証でないものとがあります。

元本保証のものから言うとMMFがありますし、MEF預金(金利)があります。

また、個人向け国債、個人向け社債、日本国債などは完本保証であるものとしてあげられます。

為替の変動を受けるタイプとしては、外貨預金為替(FX)、外貨MMFがあります。

これは元本保証はありません。あと、地金、金貨、金ETF、株式、デリバティブというのも元本保証はありません。同様に投資信託も損失をかぶる場合があります。

元本保証もありません。デリバティブや、株式、金、ETFと同じです。

流動性、収益性、安全性というのが、金融商品を選択するポイントとして非常に重要になります。

換金や売買がしやすいかというのを流動性といいます。

必要に応じて売買や換金ができる金融商品ほど流動性が高い商品といえます。

流動性に優れてるとものとして例をあげると、普通預金の方が定期預金よりもいいです。

安全性というのは元本保証があるかどうかです。

それから、金融商品を選ぶ際にも、収益性というのは非常に重要になります。

収益が高いものほど安全性が低くなります。

ハイリターンが見込める商品ほどハイリスクになるからです。

証券会社、保険会社、郵便局などでも投資信託は購入できます。

他の金融商品と違って、銀行以外でも購入できるのですね。また特徴としてはかなり少額から買えるものが多いです。

投資信託ならではですが、一万円からでも購入が可能です。





もっと詳しく知りたい・・・、運用成績の見かた

投資信託の運用成績はどのように見ていけばよいでしょうか。まず、確認する時は運用報告書をみます。

みるときも、市場の平均に比べた時にどれくらいの利益が出たかという点をみていくことになります。

ベンチマークと呼ばれるのどのくらいの利益が出たかということの基準値を市場平均に比べて見ていくものです。

ベンチマークはそれぞれの投資信託が、市場や有価証券の種類などによって、投資対象をどのようにするかというのは異なります。

ベンチマークとして多く利用されているのは、例えば国内の上場株式を投資対象とする場合、日経平均株価やTOPIXなどがあります。

海外株式の投資対象の場合に使われる各種インデックスには、各国の代表的な株価指数やMSCIがあります。

投資信託の運用成績を判断するうえで、重要なことは基準価額の推移だけを見るのではなくて、ベンチマークに対してどのような基準価額が推移しているのかということを見なくてはなりません。ヘッジファンドなど、アクティブ運用を標榜している会社のファンドマネージャーは、市場平均=ベンチマークを上回る成績を出すことを求められています。

これは運用会社によって異なります。

ベンチマークに何を持ってくるかというのは運用会社が考えることです。

運用報告書や目論見書でどの指数をベンチマークとするかは確認できます。

中にはベンチマークという形ではなくて、参考指数として設定している会社もあります。

ベンチマークを確認する時は、最低でも2、3年分の成績を基準としながら考えましょう。